斑鳩の観光ガイド

法隆寺を中心に世界遺産に登録されている聖徳太子ゆかりの地

パソコン版・斑鳩を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・斑鳩を紹介する観光ガイドの地図

地図の施設は右上の[MENU]から選択できます

法隆寺(大宝蔵院)

法隆寺に伝わる1400年の歴史的文化財を納める宝蔵

法隆寺に伝わる1400年の歴史的文化財を納める施設の大宝蔵院

写真

はクリックすると拡大表示できます
新しい宝物庫として百済観音堂が建てられた法隆寺の大宝蔵院

百済観音堂が建てられている

法隆寺の大宝蔵院。

大宝蔵院の百済観音堂では法隆寺伝来の仏像や宝物を展示

百済観音堂では法隆寺伝来の

仏像や宝物を一般公開。

法隆寺の大宝蔵院の受付入口に立つ綱封蔵

大宝蔵院の受付入口に立つ

綱封蔵(国宝)

法隆寺の綱封蔵は高床式倉庫となっていて東大寺正倉院と並ぶ貴重な建物

綱封蔵は高床式宝庫となっていて

東大寺正倉院と並ぶ貴重な建物。

創建当時は寺務所として利用した法隆寺大宝蔵院の食堂

創建当時は寺務所として利用した

食堂(国宝)

法隆寺の食堂(じきどう)の隣で鮮やかに花を咲かせていた八重桜

食堂(じきどう)の隣で

鮮やかに花を咲かせていた八重桜。

コメント

1998年に宝物庫として百済観音堂が建てられた法隆寺(大宝蔵院)。入館には拝観料が必要になります。

法隆寺に伝わる宝物を展示していて、百済観音像・九面観音像・夢違観音像・地蔵菩薩像・玉虫厨子などは国宝に指定されています。

中でも像高210cmの百済観音像は、流麗な姿に温かみを感じる表情が特徴で、飛鳥時代を代表する美しい像となっています。