高野山の観光ガイド

1200年前に弘法大師が開山した117の寺院からなる霊場

パソコン版・高野山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・高野山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

壇上伽藍

重要な儀式が行われ、高野山の中心となっている場所

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
重要な儀式が行われ、高野山の中心となっている壇上伽藍の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
開山にあたり、弘法大師が最初に造営した高野山の壇上伽藍

開山にあたり、弘法大師が最初に

造営した壇上伽藍。

高さ48m、色鮮やかな朱色の根本大塔のある高野山の壇上伽藍

高さ48m、色鮮やかな朱色の

根本大塔。

高野山壇上伽藍で唯一、焼失を免れ立つ、国宝に指定される不動堂

壇上伽藍で唯一、焼失を免れ残る

国宝に指定される不動堂。

境内には様々なお堂が建ち並び、見どころの多い観光スポットとなっている高野山の壇上伽藍

境内には様々なお堂が建ち並び

見どころの多い観光スポット。

高野山の壇上伽藍で鎌倉時代の建築様式で2015年に再建された中門

鎌倉時代の建築様式で

2015年に再建された中門。

中門の建設に使用され、境内に残る樹齢374年のヒノキの切り株

中門の建設に使用され、境内に残る

樹齢374年のヒノキの切り株。

取っ手を持ち、体で押しながら、一回転すると御利益のある六角経蔵

取っ手を持ち、体で押しながら

一回転すると御利益のある六角経蔵。

地面を探す姿も見られる松葉が三本の珍しい「三鈷の松」のある高野山の壇上伽藍

地面を探す姿も見られる

松葉が三本の珍しい「三鈷の松」

国の重要文化財に指定される高野山の鎮守として建立した御社

国の重要文化財に指定される

高野山の鎮守として建立した御社。

池に浮かぶ小さな島に雨乞いの神様・善女龍王を祀る蓮池

池に浮かぶ小さな島に

雨乞いの神様・善女龍王を祀る蓮池。

コメント

弘法大師が高野山で最初に開いた場所で「奥の院」と共に聖地と呼ばれている壇上伽藍(だんじょうがらん)

境内や参拝に拝観料は必要ありませんが、根本大塔と金堂の建物内へ入るには拝観料が必要になります。

伽藍とは、僧侶が修行する清浄な場所を意味していて、重要な法要が行われる高野山の中心地で、総本堂の金堂や根本道場として建立した根本大塔など歴史的建造物がたくさん立っています。

根本大塔は四角の上に円形をした多宝塔の建築様式が取り入れられて、弘法大師が考案したとされています。