出雲の観光ガイド

出雲大社を中心に年間200万人が訪れる島根を代表する観光地

パソコン版・出雲を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・出雲を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

古代神殿の発掘

2000年に行われた出雲大社本殿の発掘調査

2000年に行われた出雲大社本殿の発掘調査によって宇豆柱が発見され、話題となった古代神殿

写真

はクリックすると拡大表示できます
出雲大社の本殿近くで行われた発掘調査の様子

出雲大社で行われた発掘調査。

(2001年4月に撮影)

出雲大社で出土した直径140cmもある宇豆柱の写真

出土した直径140cmもある

宇豆柱の写真。

この場所に立っていたと言われる出雲大社の古代神殿の想像図

この場所に立っていたと伝わる

古代神殿の想像図。

現在は埋め戻され、柱のあった位置には丸いマークが付けられている出雲大社の本殿

現在は埋め戻され、柱の位置には

丸いマークが付けられる本殿前。

コメント

2000年に出雲大社の本殿付近で行われた発掘調査。

タイミング良く、出雲大社を訪れたため、その様子を見ることができました。

この発掘で、直径140cmの柱を3本束ねた宇豆柱が発見されました。分析の結果、1248年に建てられた本殿の柱だったことが分かり、かつて、この地に立っていたと伝わる高さ48mの古代神殿を想像させるほどの話題となりました。

現在は、掲載した写真のように埋め戻されているので、出雲大社を訪れた時は地面に付けられている「柱マーク」を探してみて下さい。

なお、出土した宇豆柱は、古代出雲歴史博物館に展示されています。