石見銀山の観光・登山ガイド

2007年に世界遺産へ登録された、かつて国内最大を誇った銀山

パソコン版・石見銀山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・石見銀山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

龍源寺間歩

江戸時代に銀を採掘していた坑道を一般公開している銀山跡地

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
江戸時代に銀を採掘していた坑道を一般公開している石見銀山の観光スポットとなっている龍源寺間歩の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
木々に覆われる森の中にある石見銀山の龍源寺間歩

世界遺産に登録されている

龍源寺間歩。

世界産に登録されている石見銀山の龍源寺間歩の入口

木々に覆われる森の中にある

坑道の入口。

坑道内はライトアップされていて、高さ2mほどのトンネルとなっている石見銀山の龍源寺間歩

坑道内はライトアップされ

高さ2mほどのトンネル。

当時は機械などがないため、手掘りのノミ跡が特徴となっている石見銀山の龍源寺間歩

当時は機械などがないため

手掘りのノミ跡が特徴。

銀脈に沿って掘り進めた小さな横穴も多数、現存する石見銀山の龍源寺間歩

銀脈に沿って掘り進めた

小さな横穴も多数、現存。

石見銀山龍源寺間歩で、ライトで照らされ、美しい紫色に光る鉱石

ライトで照らされ

美しい紫色に光る鉱石。

入口とは全く違う場所にある龍源寺間歩の出口

入口とは全く違う場所にある

龍源寺間歩の出口。

石見銀山を代表する五か山の一つに数えられている龍源寺間歩について

石見銀山を代表する五か山の一つ

龍源寺間歩について。

コメント

1715年に開発され、200年間に渡り、良質の銀鉱石を産出し続けた龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)。見学は有料です。

全長600mの内、157mが見学可能で、照明やフラットな足元に整備され、見学しやすくなっています。坑道内は、ノミの跡がたくさん見られ、奥深く続く、小さな横穴もあります。

写真も掲載した紫色に光る岩がスゴク綺麗で撮影しました。最初は銀だと思っていましたが、違うようで岩に含まれる銀は黒く、精錬して初めて銀色になるそうです。

「石見銀山=龍源寺間歩」のイメージがあったのでスゴク期待していた分、あっと言う間に出口で、周りの観光客の人からも「もう、終わり!?」と言う声が聞かれました。

他の坑道になりますが、石見銀山最大の「大久保間歩」のガイドツアーも開催されていますので、予約方法や詳細は公式ホームページ「大久保間歩」を見て下さい。