石見銀山の観光・登山ガイド

2007年に世界遺産へ登録された、かつて国内最大を誇った銀山

パソコン版・石見銀山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・石見銀山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

熊谷家住宅

1801年に建てられた銀山経営や酒造などで富を築いた商人の屋敷

世界遺産に登録される1801年に建てられた銀山経営や酒造などで富を築いた商人の屋敷となっている熊谷家住宅

写真

はクリックすると拡大表示できます
当時の生活を知ることのできる石見銀山の熊谷家住宅

当時の生活を知ることのできる

熊谷家住宅。

高い天井に築200年の柱や梁は必見となっている石見銀山の熊谷家住宅

高い天井に

築200年の柱や梁は必見。

重要な物を保管したり、火災に備えるための地下蔵のある石見銀山の熊谷家住宅

重要な物を保管したり

火災に備えて造られた地下蔵。

石見銀山の熊谷家住宅は酒造業を営んだ事で展示される一升瓶を滅菌する瓶燗機

酒造業を営んだ事で展示される

一升瓶を滅菌する瓶燗機。

1922年に石見銀山の熊谷家へ嫁いだヒサ子さんの嫁入り道具

1922年に熊谷家へ嫁いだ

ヒサ子さんの嫁入り道具。

5年をかけて石見銀山の熊谷家住宅を修復した時の写真

5年をかけて修復した時の写真。

(町並み交流センターで撮影)

コメント

大小30の部屋があり、当時の生活を再現している熊谷家住宅。入館は有料です。

国の重要文化財に指定され、世界遺産にも登録されています。

民家とは思えないほどの広さと部屋があり、地下蔵や二階部屋など見どころも多く、素晴らしい歴史的建造物でした。石見銀山を訪れるのであれば、外すことのできない観光スポットだと思います。

台所のちゃぶ台では、お茶まで出していただき、驚きでした。座ってお茶を飲みながら、古い柱や梁を眺めていると、見逃していた木の質感とかも見ることができ、ホント良かったです。

写真も掲載しましたが、築200年で建物の傷みもひどく、2001年~2005年の間、本格的な解体復元工事を行いました。その修復にかかった費用は8億3000万円だったようです。