石見銀山の観光・登山ガイド

2007年に世界遺産へ登録された、かつて国内最大を誇った銀山

パソコン版・石見銀山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・石見銀山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

下河原吹屋跡

1991年に発見された江戸時代の銀精錬所跡

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
石見銀山で1991年に発見された江戸時代の銀精錬所跡となっている下河原吹屋跡の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
銀を取り出す精錬所のあった石見銀山の下河原吹屋跡

銀を取り出す精錬所のあった

下河原吹屋跡。

20m×12mの建物が立っていた精錬所の復元図のある石見銀山の下河原吹屋跡

20m×12mの建物が立っていた

精錬所の復元図。

コメント

龍源寺間歩へ行く途中にある下河原吹屋跡。見学は自由です。

建物などはなく、石が並べられた状態で、案内板に当時の精錬方法をイラスト付きで説明していました。

なお、この吹屋跡の東側に、国指定の史跡「大久保長安」の墓碑があります。徳川家康の命令で1600年にここ石見銀山へ来た初代奉行で、坑道の掘削改良、町の整備などを行い、石見銀山を大きく発展させた人物として称えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加