松江の観光ガイド

水路が発達したことから水の都と呼ばれる風情漂うかつての城下町

パソコン版・松江を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・松江を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

松江城

2015年に天守閣が国宝に指定され、注目度の上がったお城

2015年に天守閣が国宝に指定された注目の松江城

写真

はクリックすると拡大表示できます
築400年、現存天守となっている松江城

築400年、現存天守となっている

松江城天守閣。

他の城では見られない松江城の特徴の一つが桐の木を使用した階段

防火防腐のために桐の木が

使われている階段。

松江城の貯蔵倉庫となっていた地下室にある深さ24mの井戸

貯蔵倉庫となっていた地下室にある

深さ24mの井戸。

松江城天守1階の隠れスポットとなっているハートの木目

天守1階の隠れスポット

ハートの木目(矢印のところ)

敵が攻めてきたときに使う松江城の石落とし

敵が攻めてきたときに使う

石落とし。

通常、外に向けて攻撃する狭間が室内に取り付けられている珍しい松江城

通常、外に向けて攻撃する狭間が

室内に設置されている珍しい光景。

破風の裏側スペースを利用した松江城の箱便所

破風の裏側スペースを利用した

箱便所。

現存天守では最大規模となる高さ210cmの松江城シャチホコ

現存天守では最大規模となる

高さ210cmのシャチホコ。

360度、景色が眺められる最上階の展望室

360度、景色が眺められる

最上階の展望室。

松江城の展望室から眼下には街並みが広がり、その先に見える宍道湖

展望室から眼下には街並みが広がり

その先に見える宍道湖。

コメント

1611年、堀尾吉晴によって築城された松江城。入館は有料です。

全国に現存する木造12天守の一つで、行方不明になっていた祈祷札が近年発見され、創建年がハッキリしたことで、2015年に国宝に指定されました。

黒い下見板張りが特徴の4重5階建の天守は、300本の柱が使われていて、包板を始めとした工夫が随所に見られ、400年前の木造建築を目の前で見学できます。

写真も掲載した「ハート木目」は探しても見つけるのは難しいため、受付で場所を聞くようにしてください。