松江の観光ガイド

水路が発達したことから水の都と呼ばれる風情漂うかつての城下町

パソコン版・松江を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・松江を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

武家屋敷

築300年、江戸時代に中級武士が住んでいた屋敷

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
築300年、江戸時代に中級武士が住んでいた武家屋敷の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
門番が住んでいた長屋門が特徴の武家屋敷

立派な長屋門が特徴となっている

武家屋敷。

大小10ほどの部屋があり、家具等を展示し当時の生活を再現した武家屋敷を見学可能

大小10ほどの部屋があり

家具等を展示し当時の生活を再現。

来客用の座敷には人形も設置され、記念写真の撮影にピッタリの松江武家屋敷

来客用の座敷には人形も設置され

記念写真の撮影にピッタリ。

松江武家屋敷には、湯殿・水屋・味噌蔵などのある台所スペース

湯殿・水屋・味噌蔵などのある

台所スペース。

松江武家屋敷の梁に取り付けられている雀の形をした釘隠し

梁に取り付けられている

雀の形をした釘隠し。

松江の伝統行事「鼕行列」に関する展示施設も併設する武家屋敷

松江の伝統行事「鼕行列」に関する

展示施設も併設。

コメント

主屋や長屋門など城下町時代の建築様式が残されている武家屋敷。入館は有料です。

この辺りは塩見縄手と呼ばれ、江戸時代には中級武士の屋敷が建ち並んでいた場所で、風情あることから「日本の道100選」に選ばれています。

2016年から3年をかけて建物は修復工事が行われました。

知らないと気が付かないと思いますが、敷地内の奥側に写真も掲載した松江祭鼕行列の大太鼓が展示されています。