松江の観光ガイド

水路が発達したことから水の都と呼ばれる風情漂うかつての城下町

パソコン版・松江を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・松江を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

明々庵

1779年に松江藩主が建てた数奇屋造の茶室

1779年に松江藩主が建てた歴史ある茶室の明々庵

写真

はクリックすると拡大表示できます
静かな山の中に建てられている茶室「明々庵」

静かな山の中に建てられている

茶室「明々庵」

茶室「明々庵」の入口が低く小さいことが特徴の

低く小さい入口が特徴となっている

ひじり口。

茶室「明々庵」では、茶室や庭を眺められる百草亭で抹茶を頂くことも可能

茶室や庭を眺められる百草亭で

抹茶を頂くことも可能。

明々庵のお抹茶につく茶菓子は松江銘菓の「若草」と「菜種の里」

お抹茶につく茶菓子は

松江銘菓の「若草」と「菜種の里」

コメント

1779年、松江藩七代藩主・松平不昧によって建てられた茶室の明々庵(めいめいあん)。入館は有料です。

写真も掲載した「ひじり口」と言う小さな入口は、身分の高い人も頭を下げて皆同じように入る目的で造られていて、すぐ横には「刀かけ」もあります。

入館料に抹茶の料金は含まれていませんので、受付でチケットを買うようにして下さい。