尾道の観光ガイド

映画のロケ地として有名な細い路地に情緒ある街並みが残る坂道の町

パソコン版・尾道を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・尾道を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

天寧寺

1367年に足利義詮が創建した、五百羅漢で有名なお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1367年に足利義詮が創建した、五百羅漢で有名な尾道の天寧寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
ボタンの名所としても有名な尾道の天寧寺

ボタンの名所としても有名な

天寧寺。

526体の五百羅漢が並ぶ羅漢堂のある尾道の天寧寺

526体の五百羅漢が並ぶ

羅漢堂。

尾道のシンボル的な風景となっている国の重要文化財に指定されている天寧寺の三重塔

国の重要文化財に指定される三重塔。

尾道のシンボル的な風景。

訪れた3月末に花を咲かせていた天寧寺の枝垂れ桜

訪れた3月末に花を咲かせていた

境内の枝垂れ桜。

コメント

室町幕府二代将軍の足利義詮が建てた天寧寺(てんねいじ)。参拝に拝観料は必要ありません。

ロープウェイ乗り場の近くにあり、五百羅漢で有名となっています。羅漢堂に入ってみると所狭しに五百羅漢像が並んでいて、圧巻と言える光景でした。

お寺の北側に、海雲塔と呼ばれる高さ20mの三重塔が立っています。国の重要文化財に指定され、建築当時は五重塔だったようですが、その後、上部を改築して三重塔になりました。この場所は、眼下に尾道の街並みが広がり、眺めも良く、三重塔をバックに記念写真を撮る人の多い撮影スポットとなっています。