宮島の観光ガイド

日本三景の一つ、年間400万人が訪れる日本を代表する景勝地

パソコン版・宮島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・宮島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

弥山

標高535m、一部が世界遺産に登録されている宮島の最高峰

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高535m、一部が世界遺産に登録されている宮島最高峰の弥山の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
原生林の森に覆われる宮島の弥山

原生林の森に覆われる弥山。

(矢印の所が山頂)

広いスペースのある弥山の山頂

平らで広いスペースのある

弥山の山頂。

宮島の弥山山頂に設置されている標高529.7mの二等三角点

山頂に設置されている

標高529.7mの二等三角点。

360度の景色が眺められる宮島の弥山展望台

360度の景色が眺められる

弥山展望台。

宮島の弥山展望台の2階に造られている休憩スペース

展望台の2階に造られている

休憩スペース。

宮島の弥山展望台の屋上は開放感があり、瀬戸内海を一望

展望台の屋上は開放感があり

瀬戸内海を一望。

宮島の弥山展望台から能美島や江田島が眺められる東方向の景色

能美島や江田島のある東方向。

写真中央はロープウェー山頂駅。

宮島の弥山展望台から眼下には厳島神社周辺が見え、海の先は廿日市の市街地

眼下には厳島神社周辺が見え

海の先は廿日市の市街地。

コメント

標高535m、宮島で一番標高の高い弥山(みせん)

宮島観光で訪れても、弥山の頂上まで足を運ぶ人は少ないですが、宮島ロープウェイを利用して山頂駅まで上り、そこから30分ほど山を登ると山頂にたどり着きます。なお、登山道や階段を登ることになるので楽な道のりではありませんが、途中には霊火堂や巨石など見どころはたくさんあります。

かつては、古びたボロボロの展望台がありましたが撤去され、2014年に休憩所やトイレを完備した新しい展望台が完成しました。木材をたくさん使った展望台の屋上からは、360度の景色が眺められ、美しい瀬戸内海と島々を見ることができます。この日は天気が良かったので瀬戸内海は青く、絶景でした。

あと、二等三角点の標高は529.7mとなっていて、山頂の標高は535mと異なっています。これは、2005年、国土地理院が約5mの巨石を山頂に指定したため、標高の違いが生まれたようです。