岩国の観光ガイド

城下町として栄えた歴史や文化の残る山口県を代表する観光名所

パソコン版・岩国を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・岩国を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

岩国城

1608年、初代岩国藩主の吉川広家によって建てられた山城

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高200mの山頂に初代岩国藩主の吉川広家によって建てられた山城の岩国城の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
標高200mの山頂に立つ岩国城

標高200mの山頂に立つ岩国城。

(矢印のところ)

1962年に復元された4重6階の岩国城天守閣

1962年に復元された

4重6階の天守閣。

高さ20mの岩国城天守閣の屋根に取り付けられているシャチホコ

高さ20mの天守閣の屋根に

取り付けられているシャチホコ。

吉川家の家紋が入った九曜の紋瓦のある岩国城

吉川家の家紋が入った

九曜の紋瓦。

鉄筋コンクリート造で復元されている岩国城

鉄筋コンクリート造で

復元されている館内の様子。

1階から3階は刀剣や武具甲冑を展示する資料室となっている岩国城

1階から3階は

刀剣や武具を展示する資料室。

岩国城の最上階となる4階は見晴らしの良い展望台

最上階となる4階は

見晴らしの良い展望台。

岩国城の展望台から眺める瀬戸内海方向の景色

展望台から眺める

瀬戸内海方向の景色。

岩国城から眼下を流れる錦川に架かる錦帯橋

眼下を流れる錦川に架かる

錦帯橋。

かつて岩国城の天守閣の立っていた復元天守台

かつて天守閣の立っていた

天守台(復元)

コメント

標高200mの山頂に立つ、全国的にも珍しい桃山南蛮造りの山城「岩国城」。入館は有料です。

岩国藩主・吉川広家によって1608年に築城されましたが、その後、幕府の一国一城令により、わずか7年と言う短さで天守台を含む天守閣は取り壊されました。

現在の天守は、1962年に鉄筋コンクリート造で再建されたものになります。なお、再建に伴い、本来、立っていた天守閣の位置から展望の良い50mほど離れた場所に建てられています。

4階の展望台からは、眼下を流れる錦川や錦帯橋、岩国基地から瀬戸内海まで綺麗に眺められます。