関門海峡の観光ガイド

速い潮流のダイナミックな景観が広がる下関と門司を隔てる海峡

パソコン版・関門海峡を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・関門海峡を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

和布刈神社

200年創建、他では見られない神事で有名になっている神社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
200年に創建した海の神様を祀り、ワカメを刈り取る神事で有名な和布刈神社の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
海上安全の神として親しまれている和布刈神社

海の神様をまつり、親しまれている

和布刈神社。

目の前に関門海峡が広がり、関門橋の下にある和布刈神社

目の前に関門海峡が広がり

関門橋の下にある神社。

航海の安全を祈願して立てられた海の中の石灯籠のある和布刈神社

航海の安全を祈願して立てられた

海の中の石灯籠。

手作りのフグの中に紙が入った「ふくみくじ」が斬新な和布刈神社

手作りのフグの中に紙が入った

「ふくみくじ」のある授与所。

コメント

九州本土の最北端に位置する和布刈神社(めかりじんじゃ)。参拝に拝観料は必要ありません。

和布刈(めかり)とは、「ワカメを刈り取る」という意味で、神社前の海岸でワカメを採って神前に供えることが行われ、かつては朝廷に献上したとも言われています。

現在も正月に三人の神職が海に入り、ワカメを刈り取る神事が行われています。

神社の目の前は激しい潮流の関門海峡が広がり、頭上には全長1kmの関門橋が通っていると言う、大変珍しい場所にあります。