瀬戸大橋公園の観光ガイド

1988年に開催された瀬戸大橋博覧会の跡地に造られた公園施設

パソコン版・瀬戸大橋公園を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・瀬戸大橋公園を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

ゴールドタワー

高さ158m、瀬戸内海と瀬戸大橋が一望できる展望タワー

高さ158m、瀬戸内海が一望できる展望タワーのゴールドタワー

写真

はクリックすると拡大表示できます
黄金色に輝くガラス張りの展望塔のゴールドタワー

黄金色に輝くガラス張りの展望塔

ゴールドタワー。

遊具・ゲーム・ボーリングなど入るゴールドタワーのプレイパーク

遊具・ゲーム・ボーリングなどが入る

プレイパーク。

360度が眺められる高さ127mのゴールドタワー展望フロア

360度が眺められる

高さ127mの展望フロア。

ゴールドタワーから宇多津駅方向の景色と少し見える讃岐富士

宇多津駅のある南方向の景色。

中央右に少し見えるのが讃岐富士。

海岸沿いにゴールドタワーがあるため、目の前に広がる瀬戸内海は絶景

海岸沿いにタワーがあるため、

目の前に広がる瀬戸内海は絶景。

岡山側から香川まで瀬戸大橋も一望できる展望の良さが特徴のゴールドタワー

瀬戸大橋も岡山側から香川まで

一望できる展望の良さ。

コメント

高さ158m、瀬戸大橋の開通した1988年にオープンしたゴールドタワー。入館は有料です。

タワーの内部は鉄骨の骨組みとなっていてフロア階はなく、金色のガラス張り。展望階は高さ127mとなり、ビルで言うと30階ほどに匹敵します。瀬戸大橋も良く見えるのですが、距離が5kmほど離れているので予想より小さく感じました。

かつては展望カフェもあったのだと思いますが、そのテーブル席が並んでいて、今は自由に座って景色を眺められます。

また、1~2階がゲームやアトラクションなどが集まるプレイパークとなっていて、こちらを利用する場合は、展望台とは別料金となっています。