琴平の観光ガイド

年間300万人が訪れる、こんぴら参りで有名な人気の観光スポット

パソコン版・琴平を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・琴平を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

高灯籠

1860年に建てられた、高さ28m、日本一の高さを誇る灯籠

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1860年に建てられた、高さ28m、日本一の高さを誇る琴平の高灯籠の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
昔、瀬戸内海を航行する船から見えるように造られた琴平の高灯籠

昔、瀬戸内海を航行する船から

見えるように造られた高灯籠。

日本一の燈籠は見上げるほどの高さで今は鳩の羽休めの場所

日本一の燈籠は見上げるほどの高さ。

今は鳩の羽休めの場所。

コメント

国の重要有形民俗文化財に指定されている、灯台のような役割のあった高灯籠。

高さは実に28mもあり、ビル7階建に匹敵するため、近くで眺めると思っていたより、大きかったです。

昔、こんぴらさん参りにやって来る船からも見えるように明かりをつけ、目標灯になっていたようです。そのために大きいのだと思いますが、果たして、12kmも離れた瀬戸内海の海岸線から見えていたのか不思議には思いました。

見学は無料ですが、残念ながら灯籠の中に入ることは出来ません。