琴平の観光ガイド

年間300万人が訪れる、こんぴら参りで有名な人気の観光スポット

パソコン版・琴平を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・琴平を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

旧金毘羅大芝居

国の重要文化財に指定される国内最古の芝居小屋

国の重要文化財に指定される国内最古の芝居小屋の旧金毘羅大芝居

写真

はクリックすると拡大表示できます
毎年、歌舞伎が公演されている旧金毘羅大芝居

毎年、歌舞伎が公演されている

旧金毘羅大芝居。

足元の切り込みは廻り舞台から見た旧金毘羅大芝居の客席

舞台から見た客席。

足元の切り込みは廻り舞台の特徴。

旧金毘羅大芝居で花吹雪を客席に降らすことのできる天井のブドウ棚

花吹雪を客席に降らすことのできる

天井のブドウ棚。

旧金毘羅大芝居の二階席から見たところで、それぞれの客席も見学可能

二階席から見たところ。

様々ある客席も見学可能。

昔の風呂場も現存し、旧金毘羅大芝居の舞台の裏にある楽屋

舞台の裏にある楽屋。

昔の風呂場も現存。

舞台の床下に降りていき、直径7mの廻り舞台の仕組みを見学

舞台の床下に降りて、

直径7mの廻り舞台の仕組みを見学。

コメント

1835年に建てられ、国内に現存する芝居小屋で最古となる旧金毘羅大芝居。見学は有料です。

建物は国の重要文化財に指定され、別名は金丸座とも呼ばれ、毎年春に歌舞伎「四国こんぴら歌舞伎大芝居」が公演されています。

公演のない時に一般公開されていて、舞台・客席・控室・舞台装置など建物全体を見ることができます。表舞台の華やかさとは違い、裏方は木造の建築様式を目にすることができ、貴重な建物だと実感できます。特に舞台装置や花道の床下など見どころがあります。

各所を説明してもらえるスタッフがいますので、入館したら探して一緒に見学するようにしましょう。