丸亀の観光ガイド

かつて港町や城下町として栄えた街並みが残る香川第二の都市

パソコン版・丸亀を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・丸亀を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

太助灯籠

かつて船着場としてにぎわった港に残る高さ5mの青銅製灯籠

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
かつて船着場としてにぎわった港に残る青銅製灯籠の太助灯籠の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
江戸時代に灯台として建設された丸亀の太助灯籠

江戸時代に灯台として建設された

太助灯籠。

丸亀の太助灯籠は、庶民の寄付によって建てられたため、灯籠の刻まれる寄進者の名前

庶民の寄付によって建てられたため

灯籠に刻まれる寄進者の名前。

丸亀の太助灯籠の周りは港となっていてのんびりとした風景の広がる場所

灯籠の周りは港となっていて

のんびりとした風景の広がる場所。

丸亀うちわの普及に貢献した瀬山登氏の銅像が建てられている丸亀の太助灯籠

丸亀うちわの普及に貢献した

瀬山登氏の銅像。

コメント

こんぴら参りでにぎわった船着き場「新堀湛甫」に建てられている太助灯籠。見学は自由です。

1357人の寄付により、1834年に建てられ、1番多く寄付した「塩原太助」の名前にちなんで太助灯籠と呼ばれています。