松山の観光・登山ガイド

かつて城下町として栄えた歴史と文化の残る四国最大の都市

パソコン版・松山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・松山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

愚陀仏庵

【閉館】 夏目漱石と正岡子規が共に生活していた住居

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
2010年7月の大雨によって全壊してしまった夏目漱石や正岡子規が住んでいた愚陀仏庵の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
山に囲まれ、静かにたたずむ愚陀仏庵

山に囲まれ、静かにたたずむ

愚陀仏庵。

火災により焼失したため、1982年に復元された木造2階建の愚陀仏庵

火災により焼失したため

1982年に復元された建物。

愚陀仏庵は、こじんまりとした建物で1階は和室2部屋

こじんまりとした建物で

1階は和室2部屋。

週末にはお茶席やイベントなども開かれていた愚陀仏庵

句会やお茶席などイベントも

開かれていた愚陀仏庵。

コメント

萬翠荘の裏山に再建された愚陀仏庵(ぐだぶつあん)。現在、見学はできません。

1982年に再建された建物ですが、1階に正岡子規、2階に夏目漱石が住み、52日間に渡って共同生活を行い、小説「坊ちゃん」の原点になりました。

ご存じだと思いますが、2010年7月12日、梅雨の大雨により、裏山で土砂崩れが発生し、愚陀仏庵は全壊してしまいました。現在、建物は撤去され、更地となっているため、その姿を見ることはできなくなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加