大島の観光ガイド

神が宿ると言われている沖ノ島に一番近い世界遺産登録の島

パソコン版・大島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・大島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

宗像大社沖津宮遙拝所

立入禁止の沖ノ島を拝むために建てられた沖津宮の拝殿

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
立入禁止の沖ノ島を拝むために建てられた拝殿のある宗像大社沖津宮遙拝所の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
眺めの良い海岸沿いにある大島の宗像大社沖津宮遙拝所

眺めの良い海岸沿いに建つ

宗像大社沖津宮遙拝所。

江戸時代、大島に設置され、年2回、扉が開けられる拝殿のある宗像大社沖津宮遙拝所

江戸時代に設置され

年2回、扉が開けられる拝殿。

大島の宗像大社沖津宮遙拝所の拝殿の後ろから見える沖ノ島

拝殿の後ろから見える沖ノ島。

(矢印のところ)

宗像大社沖津宮遙拝所から見える沖ノ島を拡大すると見えてくる水平線に浮かび上がる島影

写真を拡大すると見えてくる

水平線に浮かぶ沖ノ島。

コメント

大島の北側に位置し、玄界灘が一望できる場所に建っている宗像大社沖津宮遙拝所。参拝に拝観料は必要ありません。

世界遺産に登録され、神宿る島と呼ばれている「沖ノ島」を拝むために拝殿が設けられていて、天気の良い日は島を眺める事ができます。

玄界灘に浮かぶ沖ノ島までは距離が47kmもあるため、島影は非常に小さく、天気が悪いと見ることは難しくなります。

また、拝殿は春季大祭と秋季大祭の日に開扉され、室内の窓を通して、沖ノ島を拝むことができます。