大島の観光ガイド

神が宿ると言われている沖ノ島に一番近い世界遺産登録の島

パソコン版・大島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・大島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

宗像大社中津宮

世界遺産に登録されている宗像大社を構成する三宮の一つ

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
世界遺産に登録され、宗像三女神をまつる宗像大社三宮の一つの宗像大社中津宮の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
大島の観光スポットになっている宗像大社中津宮

大島の観光スポットになっている

宗像大社中津宮。

航海の守護神として信仰される宗像三女神を祀る神社

航海の守護神として信仰される

宗像三女神を祀る神社。

宗像大社中津宮の境内で名水が湧き出ている天の真名井

境内で名水が湧き出ている

天の真名井。

宗像大社中津宮にある七夕伝説発祥の地と言われる織女神社

七夕伝説発祥の地と言われる

織女神社。

コメント

宗像三女神の次女となる淵津姫神を祀る宗像大社中津宮。参拝に拝観料は必要ありません。

2017年に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として世界遺産に登録されました。

かつて、御嶽山の山頂では沖ノ島と同じ露天祭祀が行われていた歴史があり、そのため、現在の場所に神社が建てられました。

また、境内には「天の川」が流れ、川をはさみ牽牛神社と織女神社が祀られていることから七夕伝説発祥の地とも呼ばれ、夏には七夕祭りも開催されます。