門司港の観光ガイド

大正ロマン風のレトロな建物が建ち並ぶ、かつて貿易で栄えた港町

パソコン版・門司港を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・門司港を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

はね橋

中央が「ハ」の字に跳ね上がる構造をした歩行者専用の橋

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
「ブルーウィングもじ」と呼ばれ、中央が「ハ」の字に跳ね上がる構造をした歩行者専用のはね橋の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
門司港のシンボルとなっているはね橋のブルーウィングもじ

門司港のシンボルとなっている

はね橋。

船溜りの出口部分に架けられていて多くの観光客が渡る橋のブルーウィングもじ

船溜りの出口部分に架けられていて

多くの観光客が行き交う橋。

はね橋の特徴と言える橋桁が「八」の字に上がった状態

はね橋の特徴と言える

橋桁が「ハ」の字に上がった状態。

門司港のはね橋が跳ね上がった状態でその下を通り抜ける遊覧船

橋が跳ね上がった状態で

その下を通り抜ける遊覧船。

ブルーウィングもじの開閉時間は決まっていて一日6回の開橋スケジュール

開閉時間は決まっていて

一日6回の開橋スケジュール。

夕方になると関門海峡に沈む太陽が眺められる夕日スポットとなっているはね橋のブルーウィングもじ

夕方になると関門海峡に沈む

太陽が眺められる夕日スポット。

コメント

「ブルーウィングもじ」と呼ばれ、門司港の観光スポットになっている「はね橋」。通行は無料です。

全長108mの橋の内、40mの部分が「はね橋」となっていて時間になると60度の角度で跳ね上がります。

この時、橋は通行禁止となり、全国的にも珍しい圧巻の光景を目の前で見ることができます。是非、開橋時間に合わせて訪れましょう。