門司港の観光ガイド

大正ロマン風のレトロな建物が建ち並ぶ、かつて貿易で栄えた港町

パソコン版・門司港を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・門司港を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

旧門司税関

1912年に建てられ、税関庁舎として使用された建物

1912年に建てられ、税関庁舎として使用された旧門司税関

写真

はクリックすると拡大表示できます
屋根裏まで広がる大きな吹抜のある旧門司税関

屋根裏が見える広い吹抜のある

旧門司税関。

旧門司税関の特徴となっている赤レンガの壁

建物の大きな特徴となっている

赤レンガの壁。

旧門司税関で、ユニークな形のベンチが置かれるてんとう虫の部屋

ユニークな形のベンチが置かれる

てんとう虫の部屋。

密輸の手口や偽ブランド品を紹介する旧門司税関の展示コーナー

密輸の手口や偽ブランドを紹介する

税関の展示コーナー。

コメント

国際貿易の拠点として発展した門司港の税関庁舎として15年間使用された旧門司税関。入館は無料です。

赤レンガ造りの木造2階建となっていて、華麗で存在感のあるルネサンス様式が取り入れられています。

1階は吹抜の広いホール、2階は展示コーナー、3階は展望室となっていて、ギャラリーやイベントも開催されています。

また、果物を盛りだくさん使ったパフェが人気のフルーツカフェ「モーンデレトロ」もあります。