門司港の観光ガイド

大正ロマン風のレトロな建物が建ち並ぶ、かつて貿易で栄えた港町

パソコン版・門司港を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・門司港を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

門司電気通信レトロ館

レトロな機器を展示する電話をテーマにした歴史資料館

レトロな機器を展示する電話をテーマにした歴史資料館の門司電気通信レトロ館

写真

はクリックすると拡大表示できます
古い電話機や交換機を展示している門司電気通信レトロ館

古い電話機や交換機を展示している

門司電気通信レトロ館。

明治時代から昭和にかけて発展した電話機の実物を展示する門司電気通信レトロ館

明治時代から昭和にかけて発展した

電話機の実物展示。

門司電気通信レトロ館に展示される1987年にNTTが発売された国内初の携帯電話「TZ-802型」

1987年にNTTが発売した

日本初の携帯電話「TZ-802型」

門司電気通信レトロ館で、実際に入力体験のできる電報用の和文タイプライター

実際に入力体験のできる

電報用の和文タイプライター。

コメント

1869年の電信の誕生から明治・大正・昭和と電話の移り変わりを紹介する「門司電気通信レトロ館」。入館は無料です。

1924年に門司郵便局電話課庁舎として建てられた歴史ある建物を利用していて、近代化産業遺産に認定されています。

館内には、国産1号の電話機・黒電話・赤い公衆電話・初期の携帯電話・ポケベルなどレトロな機器が色々と展示されています。

無料駐車場を完備しているので車のアクセスも良いです。