有田の観光ガイド

400年の歴史がある有田焼で知られている日本磁器発祥の地

パソコン版・有田を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・有田を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

泉山磁石場

国指定史跡、有田焼の原料として利用されていた陶石採掘場

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
国指定史跡、有田焼の原料として利用されていた陶石採掘場の泉山磁石場の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
静かな山の中に広がっている有田の泉山磁石場

静かな山の中で採掘が行われた

泉山磁石場。

ツルハシを使って人力で掘っていた採掘坑跡が見られる有田の泉山磁石場

ツルハシを使って人力で掘っていた

採掘坑跡。

磁器生産に革命をもたらした有田の陶石展示を行う泉山磁石場

磁器生産に革命をもたらした

陶石の展示。

泉山磁石場の歩道には鮮やかな陶片が埋め込まれていて足元にも注目

歩道には青色の陶片が埋め込まれ

足元にも注目。

コメント

400年の年月をかけて採掘され、有田焼の発展に大きく貢献した泉山磁石場。見学は自由です。

1600年ころ李参平によって、良質な陶石がこの場所で発見され、その後、磁器の大量生産が可能になり、有田が全国に知れ渡るようになりました。有田焼の成功は泉山磁石場の発見にありました。

現在、採掘は行われていませんが、場内に入ることはできなく、遠くから全体を見学するのみとなっています。ちなみに、今の有田焼は熊本県の天草陶石を使用しています。