普賢岳の観光・登山ガイド

島原半島の中央部に位置し、1990年には噴火を起こした活火山

パソコン版・普賢岳を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・普賢岳を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

展望台

ロープウェイ山頂駅の近くにある妙見岳の展望台

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高1300m、ロープウェイ山頂駅の近くにある妙見岳の展望台の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
ロープウェイ山頂駅の後ろにある妙見岳の展望台

ロープウェイ山頂駅の後ろにある

妙見岳の展望台。

雲仙岳の展望台から眼下に広がる島原市内の街並みと島原湾

展望台から眼下に広がる

島原市内の街並みと島原湾。

雲仙岳の展望台から眺めることができる普賢岳と平成新山

展望台から眺めることのできる

普賢岳(手前)と平成新山(奥側)

妙見岳の展望台から眺める、平成新山を拡大するとゴツゴツ岩が特徴の溶岩ドーム

平成新山を拡大すると

ゴツゴツ岩が特徴の溶岩ドーム。

コメント

ロープウェイ山頂駅から少し山を登ったところにある妙見岳の展望台。

ロープウェイを降りた場所からも景色は眺められますが、肝心の平成新山と普賢岳は見えません。そのため、3分ほど山を登り、写真を掲載した展望台へ行くことなります。尖った岩の上に展望台があるため、非常に眺めが良いです。

観光でロープウェイを利用する方には特にオススメします。