長崎出島の観光ガイド

かつて国際貿易の重要拠点として発展した長崎港ベイエリア

パソコン版・長崎出島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・長崎出島を紹介する観光ガイドの地図

地図の施設は右上の[MENU]から選択できます

出島

鎖国時代に西洋と唯一貿易が許されていた出島和蘭商館跡

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
鎖国時代に日本と西ヨーロッパを結ぶ唯一の貿易港だった出島和蘭商館跡の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
当時の古い町並みを再現した出島和蘭商館跡

当時の古い町並みを再現している

出島和蘭商館跡。

長崎出島でメインゲートとして2017年に架けられた表門橋

メインゲートとして

2017年に架けられた表門橋。

長崎の出島和蘭商館跡に残る1878年に建てられた現存する最古のキリスト教・神学校

1878年に建てられた

現存する最古のキリスト教神学校。

長崎の出島和蘭商館跡で資料館・休憩室として利用している1903年築の旧長崎内外倶楽部

1903年築、外国人と日本人の

社交場だった旧長崎内外クラブ。

カピタン部屋のテーブルには当時のクリスマス風景を再現した長崎の出島

カピタン部屋のテーブルには

当時のクリスマス風景を再現。

館内は長崎出島の歴史や生活など展示スペースとして利用

館内は出島の歴史や生活など

展示スペースとして利用。

一番蔵の床下では発掘された遺構を一般公開している長崎出島

一番蔵の床下では

発掘された遺構を見学可能。

1820年頃の出島の様子を1/15サイズで再現した模型が展示している長崎の出島和蘭商館跡

1820年頃の出島の様子を

1/15サイズで再現した模型。

ジビエ料理が名物となっている出島内外倶楽部レストラン

ジビエ料理が名物となっている

出島内外倶楽部レストラン。

オリジナルグッズなど販売する出島ミュージアムショップ

オリジナルグッズなど販売する

出島ミュージアムショップ。

コメント

移築や復元した建物16棟が一般公開され、国の史跡に指定されている出島和蘭商館跡。入館は有料です。

1636年、江戸幕府により、長崎のポルトガル人収容、キリスト教の禁止を目的として造られた人工の島「出島」。1641年にオランダ商館が出島に置かれ、それ以降、218年の長い鎖国が始まり、その間、日本で唯一この場所だけ西洋貿易が許されていました。

様々な建物が点在していて見どころが非常に多く、当時の最高責任者だったカピタン部屋、オランダ船の宿舎、石で復元した新石倉、貿易品を保管した三番蔵、オランダ事務員の復元住居などあります。

2016年に6棟の建物、2017年に長さ38mの表門橋が新しく造られました。