軍艦島の観光ガイド

世界遺産、炭鉱都市として世界一の人口密度を誇った廃墟の島

パソコン版・軍艦島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・軍艦島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

第3見学広場

当時、最先端技術で建てられた高層アパートが残る見学場所

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
当時、最先端技術で建てられた高層アパートが残る見学スペースの第3見学広場の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
軍艦島の南端に位置している第3見学広場

軍艦島の南端に位置している

第3見学広場。

ガレキが散乱する先に見える廃墟となったアパートが立っている軍艦島の第3見学広場

辺り一面にガレキが散乱し

廃墟アパートが立っている場所。

国内最古の鉄筋コンクリート造りアパートの30号棟が眺められる軍艦島の第3見学広場

国内最古の鉄筋コンクリート造り

アパートの30号棟。

軍艦島の第3見学広場で見ることのできる30号棟は保存することが難しく、崩壊が心配されている建物

30号棟は保存することが難しく

崩壊が心配される貴重な建物。

軍艦島の第3見学広場から見た、郵便局・理髪・銭湯が入っていたアパート31号棟

郵便局・理髪・銭湯が入っていた

アパート31号棟。

海底炭鉱で使用する機械や道具を製造していた仕上工場が残されている軍艦島の第3見学広場

海底炭鉱で使用する機械や道具を

製造していた仕上工場。

軍艦島の炭鉱閉山後に建てられた肥前端島灯台

炭鉱閉山後に建てられた

肥前端島灯台。

軍艦島第3見学広場の説明が終わり、各自、クルーズ船へ戻る様子

第3見学広場の説明が終わり

各自、クルーズ船へ戻る様子。

コメント

軍艦島の上陸ツアーで一番最後に訪れる第3見学広場。

この場所の見どころは、1916年に建てられた日本初の鉄筋コンクリート造アパートが現存し、30号棟と呼ばれています。当時、台風などによって木造家屋が壊滅する問題が発生していたため、強固なコンクリート建造物が全国に先駆け早期に取り入れられました。

築100年を超え、ギリギリ原形を留めている30号棟ですが、訪れた4日前の強風によって5階から屋上までの外壁や床が大きく崩れ落ちてしまいました。掲載した写真のように縦に崩れていて室内が見える状態にツアーガイドさんも衝撃を受けておられました。様々な保存方法が検討されていますが難しいようで、近い将来、倒壊するのではないかと心配する声もあります。

軍艦島の行動は厳しく規制されていて、歩道から外れて建物に近づいたり、島内を自由に歩き回ることはできなく、上陸して第1→第2→第3の見学広場を順番に進み、団体行動が基本となっています。そのようなこともあり、第3見学広場の説明が終わり、クルーズ船へ戻る時が唯一自由になれるため、そのタイミング利用して記念写真を撮る人が多く見られました。