阿蘇高岳の観光・登山ガイド

日本百名山の一つ、火山活動に伴い噴煙を上げる阿蘇山の最高峰

パソコン版・阿蘇高岳を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・阿蘇高岳を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(火口東コース)

眼下に火口を眺められるロープウェイ沿いの登山コース

眼下に阿蘇山火口を眺められるロープウェイ沿いの登山道の火口東コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
阿蘇山の山頂を目指し、登山開始

ロープウェイ乗り場。

ここから山頂を目指し、登山開始→

歩きやすいように阿蘇の登山コースは整備され、眼下に広がる美しい景色

歩きやすいように舗装されていて

眼下の眺めも良い登山コース。

廃業しているため、廃墟状態の阿蘇山ロープウェイの山頂駅に到着

40分ほどでロープウェイ山頂駅に到着

現在は営業していないため、廃墟状態。

仙酔峡ロープウェイ山頂駅からは綺麗に整備された登山コースを進み、気分は阿蘇山ハイキング

山頂駅からは更に綺麗に整備され、

気分は阿蘇山ハイキング。

綺麗な遊歩道を10分ほど歩くと現れる阿蘇山の火口東展望所

綺麗な遊歩道を10分ほど歩くと

火口東展望所。

阿蘇山の展望所は火口に近く、露出する地層は日本とは思えない光景

東展望所は火口に近く、

露出する地層が特徴的な光景。

阿蘇登山コースは標高1400mを越え、眼下に広がる美しい田園風景

更に進むと標高1400mを越え、

眼下に広がる美しい田園風景。

標高1506mの中岳を通過すると見える最高峰の阿蘇高岳

標高1506mの中岳を通過。

写真のバックが最高峰の高岳。

阿蘇高岳の山頂を目の前にして現れる火山岩が地表を覆う登山コースの急坂

山頂を目の前にして現れる

火山岩が地表を覆う急坂。

阿蘇山最高峰の高岳に登頂すると開放感のある360度の大パノラマ

そして、阿蘇山最高峰の高岳に登頂。

開放感のある360度の大パノラマ。

コメント

ロープウェイ沿いに登る阿蘇高岳の定番となっている火口東コース。高低差700m、距離4000m、時間にして2時間~2時間30分ほどの登山コース。

かつてはロープウェイが運行していたため、楽に火口東展望所までアクセスできました。この登山道は、噴火口や溶岩大地、眼下の景色も眺められ、展望の良いコースとなっています。

火口東展望所までは舗装された歩道が続くため、歩きやすく、本格的な登山は火口東展望所からとも言えます。火口東展望所からは、火山特有の木の生えない荒れた大地が続き、尾根となっているところもあり、印象的な景色が見られます。

コース全体で危険な場所はなく、景色を楽しみながらマイペースで登れます。また、登山コースの途中に売店やトイレはありませんので、準備万端で出発しましょう。

2016年10月の噴火に伴い、入山できないことと、2016年4月の熊本地震で仙酔峡へ通じる道路も崩落してしまい、登山再開がいつになるか分からない状況が続いています。