阿蘇高岳の観光・登山ガイド

日本百名山の一つ、火山活動に伴い噴煙を上げる阿蘇山の最高峰

パソコン版・阿蘇高岳を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・阿蘇高岳を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(仙酔尾根コース)

最短で登頂できる阿蘇高岳の北壁を登る急坂ルート

最短で登頂できる阿蘇高岳の北壁を登る急坂登山道の仙酔尾根コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
仙酔峡にある登山口から阿蘇山頂を目指して登山する仙酔尾根コース

仙酔峡にある登山口。

ここら山頂を目指して登山開始→

仙酔尾根コースのスタート直後は歩きやすい登山道が続く

スタート直後は

歩きやすい登山道が続く。

10分ほど進むとガレ場へ突入し、仙酔尾根コースの特徴、急坂のスタート

15分ほど進むとガレ場へ突入。

このコースの特徴、急坂のスタート。

途中、左手に見える尖った岩山の鷲ヶ峰と虎ヶ峰

途中、左手に見える尖った岩山の

鷲ヶ峰と虎ヶ峰。

急勾配は終わることなく続き、仙酔尾根コースの登山道を横から撮影するとほぼ45度

急坂は終わることなく続き、

登山道を横から撮影するとほぼ45度。

阿蘇山の標高1400mを越え、眼下の綺麗な景色と登山口の仙酔峡

標高1400mを越え、綺麗な景色。

写真の中央下が登山口の仙酔峡。

阿蘇高岳の山頂方向へ目を向けると続く急勾配の登山道

山頂方向へ目を向けると

まだまだ続く急勾配の登山道。

長かった仙酔尾根コースの急坂を乗り越え、高岳東峰との分岐点に到着

長かった急坂を乗り越え、

高岳東峰との分岐点を通過。

仙酔尾根コースの道をしばらく歩くと見えてくる阿蘇高岳の山頂

ここからは平坦な道が続き、

目の前に見える阿蘇高岳の山頂。

阿蘇山最高峰の阿蘇高岳に登頂し、尖った山頂からは360度の絶景

阿蘇山最高峰の阿蘇高岳に到着。

尖った山頂は360度の絶景。

コメント

仙酔峡から登山スタートし、阿蘇高岳の北側を登る仙酔尾根コース。高低差600m、距離2200m、時間にして1時間30分~2時間くらいの登山コース。

このコースの最大の特徴が「超」が付くくらいの急坂が続くこと。遮る物が何もないため、眼下の景色が綺麗に眺められますが、それを見る余裕がなくなるほどの急坂コースとも言えます。

そのようなこともあり、通称「バカ尾根コース」とも呼ばれていて、バカという言葉が付いたことに納得してしまいます。

なお、仙酔尾根コースの途中に売店やトイレはありません。