鶴見岳の観光・登山ガイド

一年を通して四季折々の景色が広がる別府市西部にそびえ立つ山

パソコン版・鶴見岳を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・鶴見岳を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道

登山大会でも利用されている、鶴見岳の定番登山コース

登山大会でも利用されている、鶴見岳の定番登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
登山口となっている御嶽権現社から鶴見岳山頂を目指し、登山開始

登山口となっている御嶽権現社。

ここから山頂へ向けて登山開始→

まずは、長い石の階段を登り、御嶽権現社の拝殿を目指す

まずは、長い石の階段を登り、

御嶽権現社の拝殿を目指す。

御嶽権現社が過ぎると始まる本格的な鶴見岳の登山道

御嶽権現社を通過すると始まる

本格的な登山道。

鶴見岳の登山道に設置されている標高と残距離の書かれた看板

登山道の随所に設置されている

標高と残距離の書かれた看板。

スタートからずっと木々に覆われ、比較的、登りやすい登山コース

スタートから周りは木々に覆われ、

比較的、登りやすい登山コース。

景色は期待できませんが、登山道から見ることのできた志高湖

景色は期待できませんが、

一瞬、眼下に見えた志高湖。

鶴見岳山頂が近づくに従って、急坂になっていく登山道

山頂が近づくに従って、

急坂になっていく登山道。

鶴見岳の山頂が目の前となった頃、眼下に見えるロープウェイ山頂駅と別府湾

山頂が目の前となった頃に見える

ロープウェイ山頂駅と別府湾。

その後は整備された遊歩道をのんびりと歩く登山道

その後は整備された遊歩道を

のんびりと歩く。

鶴見岳の山頂に到着して登山終了

そして、鶴見岳の山頂に到着し、

登山終了。

コメント

車のアクセスも良く、標高700mの御嶽権現社から登り始める鶴見岳の登山道。山頂までは、高低差675m、距離2400m、時間にして1時間30分ほどの登山コースとなっています。

この登山道を利用する場合、御嶽権現社の駐車場に車を置いてスタートすることになりますが、ロープウェイ乗り場から御嶽権現社までも登山道(30分ほど)があるので帰りはロープウェイで下山もできます。

この登山コースは毎年4月に開催される、標高0mからスタートする「べっぷ鶴見岳一気登山大会」でも利用されています。