都井岬の観光ガイド

野生の在来馬が住むことで有名になっている宮崎県最南端の岬

パソコン版・都井岬を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・都井岬を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

御崎馬

都井岬に生息し、国の天然記念物に指定されている日本在来馬

都井岬に生息し、国の天然記念物に指定されている日本在来馬の御崎馬

写真

はクリックすると拡大表示できます
体長130cmほどの比較的小さい体をしている日本在来馬の御崎馬

体長130cmほどの比較的小さい

日本在来馬の御崎馬。

300年に渡り、この地で暮らし、都井岬のシンボルとなっている御崎馬

300年に渡り、この地で暮らし

都井岬のシンボルとなっている馬。

自然の中で自由に暮らしているため随所で見られる草を食べる都井岬の御崎馬

自然の中で自由に暮らしているため

随所で見られる草を食べる姿。

都井岬の御崎馬でみられる草むらで必至にエサを食べるため、頭やたてがみに、ひっいている草の種

草むらで必至にエサを食べるため、

たてがみに付いてしまった草の種。

車を運転していたら、このような光景も都井岬は御崎馬が優先

車を運転していたら、こんな光景も。

都井岬は御崎馬が優先。

駐車場で車に乗っていると近寄ってきて車内を見つめることもある都井岬の御崎馬

駐車場で車に乗っていると

近寄ってくることもある御崎馬。

冬の2月に都井岬を訪れたときはエサとなる草が少なく、御崎馬には大変な時期

冬の2月に訪れたときは

エサとなる草が少なく大変な時期。

国の天然記念物に指定される都井岬の岬馬(御崎馬)について

国の天然記念物に指定される

岬馬(御崎馬)について

コメント

国の天然記念物に指定されている日本在来の御崎馬(みさきうま)

300年前の江戸時代、農耕馬・軍馬としてこの岬に持ち込まれ、それ以来、人手を加えない野生で繁殖を繰り返し、現在に至っている御崎馬。戦時中は頭数が減ったようですが、今は100頭ほどが生息しています。

他品種と掛け合わせ改良して現在のような大きな馬が生まれていることと比較して、御崎馬は他の血統が入っていないため、一般的の馬にくらべ一回り小さい特徴があります。

とても静かでおとなしく、よく目にするパカパカ歩くことは少なく、近寄って並んで写真も撮れます。車に乗っていると何頭も近づいてきて、ガラス越しに車内を見たり、色々な動きを観察していると面白いです。

あと、一日中、草を食べまくっています。深夜でも。草は栄養価が低いので、1日18時間も食べる必要があるそうです。御崎馬のことは、都井岬ビジターセンターで詳しく解説しています。