霧島山の登山・観光ガイド

日本百名山、近年は火山活動が活発化する大小20の山からなる名峰

パソコン版・霧島山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・霧島山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(登山口→五合目)

えびの高原から登り始める、霧島山最高峰の韓国岳の登山ルート

えびの高原から登り始める、霧島山最高峰の韓国岳の登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
えびの高原にある登山口からここから山頂を目指して登山スタート

えびの高原にある登山口。

ここから山頂を目指して登山開始→

韓国岳登山ルートのスタートしてしばらくは舗装した歩きやすい遊歩道を進む

スタートしてしばらくの間は

歩きやすい遊歩道を進む。

県道1号線に沿うように整備されている韓国岳登山ルート

県道1号線を眺めながら

徐々に標高を上げる遊歩道。

観光スポットにもなっている荒れた大地の広がる硫黄山

観光スポットにもなっている

荒れた大地の広がる硫黄山。

硫黄山を通り過ぎるといよいよ本格的な登山道が始まる韓国岳登山ルート

硫黄山を通り過ぎると

いよいよ本格的な登山道の始まり。

周りは木々に覆われ、小石の多い、急坂の連続する韓国岳の登山道

周りは木々に覆われ、

岩の多い登山道。

少し進んだところで振り返ると硫黄山の真っ白な姿

少し進んだところで振り返ると

硫黄山の真っ白な姿。

その後は平坦な道はなく、急坂の連続する霧島山の登山ルート

その後は平坦な道はなく

急坂の連続。

韓国岳登山ルートの4合目から眺めるえびの高原と登山口

4合目から眺める、えびの高原。

左端の建物が登山口。

霧島山最高峰の韓国岳の登山ルートの中間地点となる五合目に到着

そして、中間地点の五合目に到着。

※登山道(五合目→韓国岳)へ続く。

コメント

霧島連山最高峰となる「韓国岳」へ登る定番の登山ルート。えびの高原から山頂まで、高低差520m、距離3000m、時間にして1時間30分~2時間くらいの登山ルートとなっています。

えびのエコミュージアムセンターの駐車場のところに登山口があり、硫黄山を経由して、韓国岳を目指します。

硫黄山を過ぎる一合目から急な登山道となり、山頂付近まで続きます。

単調な登山道ですが、眼下に広がる景色が綺麗で、硫黄山・不動池・えびの高原など良く見え、登山の疲れを癒やしてくれます。