高千穂峰の登山ガイド

宮崎と鹿児島の県境に位置し、ニニギノミコト伝説の残る霊峰

パソコン版・高千穂峰を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・高千穂峰を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

高千穂峰山頂

標高1574m、青銅製の「天の逆鉾」が突き立つ高千穂峰の山頂

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高1574m、青銅製の「天の逆鉾」が突きささる高千穂峰山頂の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
広いスペースのある高千穂峰の山頂

緩やかな広いスペースのある

高千穂峰の山頂。

ニニギノミコトが降臨したときに高千穂峰山頂に突き立てたとされる天の逆鉾

ニニギノミコトが降臨したときに

突き立てた「天の逆鉾」

高千穂峰山頂に設置してある標高1573.36mの二等三角点

山頂に設置されている

標高1573.36mの二等三角点。

かつて宿泊や休憩のできる高千穂山頂小屋として営業していたが、現在は避難小屋として利用

昔、営業していた高千穂山頂小屋。

現在は避難小屋として利用。

高千穂峰山頂から眼下に見える直径600mある火口の御鉢

山頂から眼下に見える

直径600mある火口の御鉢。

韓国岳のある北西方向の景色と新燃岳の噴煙の見える高千穂峰山頂

韓国岳のある北西方向の景色。

中央の煙は、新燃岳の噴煙。

コメント

標高1574m、平らで広いスペースのある高千穂峰の山頂。

古事記に登場する、神が地上に降り立ったと言われる天孫降臨の山。頂上には迩迩芸命(ニニギノミコト)が突き立てたと伝わる天の逆鉾(あまのさかほこ)があります。

掲載した写真でも分かりますが、逆鉾には顔が彫られていて、初めて見たこともあり、衝撃的でした。

130年前には、坂本龍馬が妻・おりょうを連れて高千穂峰に登ったことがあり、その時、山頂の「天の逆鉾」を見て、「天狗の面に似ている」と言ったそうです。と言うことは、刻まれている顔は天狗なのかもしれません。

かつての高千穂山頂小屋は営業をやめて現在は避難小屋となっていてトイレもありません。携帯用トレイを使用するための簡易小屋はあります。