宮之浦岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、世界遺産に登録されている原生林の広がる名峰

パソコン版・宮之浦岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・宮之浦岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(登山口→花之江河)

淀川登山口からスタートする宮之浦岳登山の日帰りコース

淀川登山口からスタートする宮之浦岳登山の日帰りコース

写真

はクリックすると拡大表示できます
宮之浦岳の淀川登山口から山頂を目指して登山コース

宮之浦岳の淀川登山口。

ここから山頂を目指して登山開始→

スタート直後は、狭く、木の根も露出する宮之浦岳の登山コース

スタート直後は、

狭く、木の根も露出する登山道。

スタートから30分ほどすると世界遺産の登録エリアに突入する宮之浦岳の登山コース

スタートから30分ほどすると

世界遺産の登録エリアに突入。

宮之浦岳の登山コースは、トイレも設置されている山小屋の淀川小屋を通過

トイレも設置されている山小屋

淀川小屋を通過。

淀川小屋をあとにすると現れる屋久島を象徴するような巨木

淀川小屋をあとにすると現れる

周囲10mほどの巨木。

大きな切株から新しい木が生まれる屋久島を象徴する切株更新の光景

大きな切株から新しい木が生まれる

屋久島を象徴する切株更新の光景。

宮之浦岳の登山コースをさらに進むと見えてくる高盤岳のトーフ岩

さらに進むと見えてくる

高盤岳のトーフ岩。

宮之浦岳の登山は周りは緑に覆われ、景色を楽しみながら歩ける木道

周りは緑に覆われ、

景色を楽しみながら歩ける木道。

湿原の中で草を食べていたヤクシカの親子

湿原の中で草を食べていた

ヤクシカの親子。

宮之浦岳の登山コースは中間地点となる花之江河に到着

中間地点となる花之江河に到着。

※登山道(花之江河→山頂)へ続く。

コメント

標高1360mの淀川登山口からスタートする宮之浦岳の登山コース。山頂まで、高低差575m、距離8000m、時間にして4~5時間くらいの登山コースとなっています。

登山口から淀川小屋までは、ほとんど標高の上がらない登山道で、体のウォーミングアップにちょうど良い感じでした。

登山コースの前半は、、ずっと深い森の中を歩き、時々、出てくる巨木が屋久島らしい光景で、登山というより、自然散策をしているような感覚にもなりました。

なお、淀川小屋にトイレがあるのみで、その他に山小屋やトイレはありませんでしたので、準備万端で出発しましょう。