本部の観光ガイド

水族館や植物園を始め、多彩なレジャー施設が集まる観光スポット

パソコン版・本部を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・本部を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

今帰仁城跡

世界遺産、1300年頃に築城されたと伝わる北山王の城跡

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
世界遺産、1300年頃に築城されたと伝わる北山王の今帰仁城跡の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
2000年、世界遺産に登録された今帰仁城跡

2000年に世界遺産登録された

今帰仁城跡。

現在、今帰仁城跡で残っているのは城壁でその長さは1.5km

現在、残っているのは城壁で

その長さは1.5km。

沖縄にある他の城跡と違い、琉球石灰岩を使っていることが特徴の今帰仁城跡

琉球石灰岩と呼ばれる

独特の石を使っていることが特徴。

地形に沿って造られた城壁は自然の中に溶け込んでいる歴史的建造物の今帰仁城跡

地形に沿って造られた城壁は

自然の中に溶け込む歴史的建造物。

門の両脇に窓があり、門番が見張りをしていた平朗門

門の両脇に小さな窓があり

門番が見張りをしていた平朗門。

火の神がまつられ、重要な建物が立っていた今帰仁城の主郭(本丸)

火の神がまつられ

重要な建物が立っていた主郭(本丸)

高台に位置しているため、海まで眺められる展望スポットとなっている今帰仁城跡

高台に位置しているため

海まで眺められる展望スポット。

今帰仁城の歴史や出土品を展示する今帰仁村歴史文化センター

城の歴史や出土品を展示している

今帰仁村歴史文化センター。

コメント

2000年11月、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。入園は有料です。

当時は、首里城に匹敵するほどの城が立っていたとも言われていますが、現在は、城壁や石門が残っているだけで建物はありません。山の高台に1.5kmにも及ぶ城壁が周囲を囲んでいる姿は、少しばかり万里の長城を想像させる光景でした。

なお、入園料には、近くにある今帰仁村歴史文化センターの入館料も含まれています。