神戸ルミナリエ2019年

2019年も12月に入り、冬の祭典となっている「神戸ルミナリエ」へ行きました。

ちなみに2019年の来場者数は平年と同様の346万人でした。

ルミナリエ2019

ルミナリエ

神戸ルミナリエ

メイン通りのイルミネーションは、人が多く、写真を撮るのも大変ですが、きれいです。

そして東遊園地のイルミネーションは宮殿をイメージした作品。

ルミナリエ東遊園地

ルミナリエ2019年

ゆっくりと撮影できるので、記念写真にピッタリです。

ルミナリエ全体ではLED50万球が使われていて、昔の電球に比べてエコになったと思いますが、雰囲気は随分と変わりました。

まだ電球だった2008年に撮影したルミナリエも掲載します。

電球のルミナリエ

昔のルミナリエ

LEDは冷たい感じがすると議論もあり、電球を一部取り入れたりしているようです。

昔は露店が全くなくて静かでしたが、今はたくさんの出店が出店していて、東遊園地周辺はお祭り騒ぎですね。

有馬温泉の紅葉

11月23日(土)、兵庫県の有馬温泉へ紅葉を見に行ってきました。

有馬温泉

有馬温泉は日本三名泉の一つに選ばれていて、日本最古とも言われ、豊臣秀吉も訪れた名湯。

今回は、六甲有馬ロープウェーに乗って行きました。ロープウェーが到着する瞬間に撮った写真が絶景でした。

有馬温泉ロープウェーの紅葉

鼓ヶ滝やマス釣り堀のある辺りになり、日射しに照らされ、綺麗でした。さらに観光の中心街から離れているので、人も少なく、たくさん写真も撮れました。

そして、有馬温泉の紅葉と言えば、瑞宝寺公園

瑞宝寺公園の紅葉

有馬温泉の紅葉

有馬の紅葉

瑞宝寺公園も見頃を迎えていて、綺麗でした。

紅葉以外もたくさん写真を撮りましたので360@旅行ナビに掲載したいと思います。

嵐山鵜飼

先日、京都の嵐山へ行って「鵜飼」を見ました。

嵐山の渡月橋です。風情ある光景に見えますが、実際はバスや車がバンバンと通り、週末には観光客があふれる慌ただしい橋です。

 

そして、嵐山の夏の風物詩となっている「鵜飼」が行われるのは、渡月橋の上流で、橋から200mほど歩いたところに船乗り場があります。

出航時間の1時間前から受付をしていて、予約なしに乗れます。この時、鵜匠さんが鵜に手綱を取り付けたり準備をしていて、目の前で鵜を見ることができました。

 

そして、辺りが暗くなり始めると見物船に乗り込み出航。見物船は座敷となっていて比較的大きく、20人ほどが乗れます。

しばらくすると、鵜匠さんが乗った小舟が目の前を通り過ぎ、鵜飼いが見られます。

 

鵜は水中に潜り、アユを捕まえて上がってきます。手綱につながれているのである程度、捕ると船に引き寄せられ、飲み込んだアユを取り出します。

タイミングが良いと、アユを口にくわえた姿が見られます。

 

鵜飼の途中には屋台船が来て、イカ焼きやおでんなどを買うことができます。

嵐山の鵜飼は千年の歴史があり、1時間ほどの遊覧時間の間、のんびりと夜景を眺めながら楽しみました。

縁切りで有名な京都府「安井金比羅宮」

京都の祇園にあり、パワースポットとして注目されている「安井金比羅宮」を紹介します。

 

清水寺や八坂神社のある東山から西方向へ10分ほど歩いたところにたたずむ「安井金比羅宮

鳥居にも掲げられているように「縁切り」と「縁結び」の両方の御利益がある全国的にも珍しい神社となっています。

 

こちらは、崇徳天皇が祀られる本殿と拝殿。

怨霊と恐れられた崇徳天皇が祀られていることから、境内には「人々が自身のような悲しい境遇に合わないように悪縁を断ち切って下さる」と書かれています。

そのような理由から縁切り祈願の神社として親しまれています。

 

そして、境内にある不思議な光景が、たくさんのお札が貼られている縁切り縁結び碑

中央に穴が開いているのが特徴で、祈願の方法も決まっています。

まず最初に、本殿に参拝し、白いお札に願い事を書きます。

 

お札を持って願い事を念じながら、碑の穴をくぐり抜けます。

 

もう一度、反対側から戻ってきて、最後にお札を碑に貼ります。

全国から恋愛や仕事など様々な縁切り祈願で訪れる人が多く、パワースポットとして人気があるので、週末などは行列ができることもあります。

心機一転を考えている方、是非、参考にしてみて下さい。

地図や写真は、360@旅行ナビ[祇園]に掲載しています。

埼玉県「大宮」の観光ガイド

東京からの交通アクセスが良く、様々な観光スポットのある埼玉県の大宮を紹介します。

 

2007年に鉄道博物館がオープンしてから、一気に注目度がアップしました。

訪れたのが日曜日だったので鉄道博物館はどこへ行っても混雑するくらいで、駅弁を買うにも長蛇の列でした。平日に行かないと落ち着いて見学やランチができません。

 

大宮のガイドマップ

そのような大宮の観光スポット10カ所を順番に掲載します。

まず最初は、鉄道博物館です。

 

鉄道博物館・・・実物車両の展示など鉄道をテーマにした人気のテーマパーク

実際に走っていた36両の実物展示を中心に、電車の仕組みや技術、運行や安全、歴史や文化など鉄道について解説しています。

車掌体験や運転シミュレータなどイベントプログラムも充実しています。

飲食専用のランチトレインとして特急「あずさ」「しおさい」が用意されているので駅弁を買って座席で食べると旅行気分も楽しめます。

 

大宮公園・・・庭園やスポーツ施設などが整備され、桜の名所となっている公園

ドーム球場7個分の広さのある園内には様々な施設が整備されていて、庭園・動物園・遊園地・博物館を始め、競技場・野球場・サッカー場などのスポーツ施設も完備しています。

 

大宮公園小動物園・・・大宮公園の中にある入園無料のミニ動物園

50種類以上の動物が飼育展示されていて、気軽に動物とふれ合えることから人気の動物園になっています。

フライングケージ内のフラミンゴは驚きの光景で、柵がなく自然界で観察しているような感覚がすごく、好奇心なのか近寄ってくる姿も見られました。

 

大宮公園児童遊園地・・・レトロな飛行塔がシンボルとなっている大宮公園の遊具広場

ブランコやジャングルジムなどの遊具があり、その中心にレトロ感いっぱいの飛行塔が立っています。この飛行機に乗りたくて訪れる人もいるくらい人気の乗り物になっています。

 

武蔵一宮氷川神社・・・初詣には多くの参拝者でにぎわう280社ある氷川神社の総本社

新年には初詣で200万人以上が訪れ、埼玉県で一番の参拝者数を誇っています。

「大宮」の名前の由来は、氷川神社が「大いなる宮居」と呼ばれたことから大宮になったと言われています。

 

埼玉縣護國神社・・・国のために亡くなった埼玉県の英霊が祀られている神社

1934年に創建した埼玉県出身の戦死者5万柱が眠っています。

 

埼玉県立歴史と民俗の博物館・・・埼玉の歴史・民俗・美術を中心に展示する博物館

古墳・室町・江戸など現代へ至る時代の移り変わりを様々な展示で紹介しています。

 

さいたま市立博物館・・・さいたま市の歴史と文化をテーマに展示を行う博物館

入館無料で入れます。

 

大宮駅・・・14路線が乗り入れる東京と東北方面を結ぶターミナル駅

東北新幹線や京浜東北線を始めとするJR線・東武野田線・ニューシャトルの14路線の乗り入れは、路線規模として東京駅に次いで全国2位となっています。

 

鉄道博物館駅・・・鉄道博物館の最寄りとなっているニューシャトルの駅

改札を出ると目の前が鉄道博物館となっているのでアクセスが良いです。

 

鉄道博物館や大宮公園を中心に、ここに掲載していない写真などを360@旅行ナビ[大宮]にアップしました。

大宮へ行く予定のある方、参考にしてみて下さい。