縁切りで有名な京都府「安井金比羅宮」

京都の祇園にあり、パワースポットとして注目されている「安井金比羅宮」を紹介します。

 

清水寺や八坂神社のある東山から西方向へ10分ほど歩いたところにたたずむ「安井金比羅宮

鳥居にも掲げられているように「縁切り」と「縁結び」の両方の御利益がある全国的にも珍しい神社となっています。

 

こちらは、崇徳天皇が祀られる本殿と拝殿。

怨霊と恐れられた崇徳天皇が祀られていることから、境内には「人々が自身のような悲しい境遇に合わないように悪縁を断ち切って下さる」と書かれています。

そのような理由から縁切り祈願の神社として親しまれています。

 

そして、境内にある不思議な光景が、たくさんのお札が貼られている縁切り縁結び碑

中央に穴が開いているのが特徴で、祈願の方法も決まっています。

まず最初に、本殿に参拝し、白いお札に願い事を書きます。

 

お札を持って願い事を念じながら、碑の穴をくぐり抜けます。

 

もう一度、反対側から戻ってきて、最後にお札を碑に貼ります。

全国から恋愛や仕事など様々な縁切り祈願で訪れる人が多く、パワースポットとして人気があるので、週末などは行列ができることもあります。

心機一転を考えている方、是非、参考にしてみて下さい。

地図や写真は、360@旅行ナビ[祇園]に掲載しています。

埼玉県「大宮」の観光ガイド

東京からの交通アクセスが良く、様々な観光スポットのある埼玉県の大宮を紹介します。

 

2007年に鉄道博物館がオープンしてから、一気に注目度がアップしました。

訪れたのが日曜日だったので鉄道博物館はどこへ行っても混雑するくらいで、駅弁を買うにも長蛇の列でした。平日に行かないと落ち着いて見学やランチができません。

 

大宮のガイドマップ

そのような大宮の観光スポット10カ所を順番に掲載します。

まず最初は、鉄道博物館です。

 

鉄道博物館・・・実物車両の展示など鉄道をテーマにした人気のテーマパーク

実際に走っていた36両の実物展示を中心に、電車の仕組みや技術、運行や安全、歴史や文化など鉄道について解説しています。

車掌体験や運転シミュレータなどイベントプログラムも充実しています。

飲食専用のランチトレインとして特急「あずさ」「しおさい」が用意されているので駅弁を買って座席で食べると旅行気分も楽しめます。

 

大宮公園・・・庭園やスポーツ施設などが整備され、桜の名所となっている公園

ドーム球場7個分の広さのある園内には様々な施設が整備されていて、庭園・動物園・遊園地・博物館を始め、競技場・野球場・サッカー場などのスポーツ施設も完備しています。

 

大宮公園小動物園・・・大宮公園の中にある入園無料のミニ動物園

50種類以上の動物が飼育展示されていて、気軽に動物とふれ合えることから人気の動物園になっています。

フライングケージ内のフラミンゴは驚きの光景で、柵がなく自然界で観察しているような感覚がすごく、好奇心なのか近寄ってくる姿も見られました。

 

大宮公園児童遊園地・・・レトロな飛行塔がシンボルとなっている大宮公園の遊具広場

ブランコやジャングルジムなどの遊具があり、その中心にレトロ感いっぱいの飛行塔が立っています。この飛行機に乗りたくて訪れる人もいるくらい人気の乗り物になっています。

 

武蔵一宮氷川神社・・・初詣には多くの参拝者でにぎわう280社ある氷川神社の総本社

新年には初詣で200万人以上が訪れ、埼玉県で一番の参拝者数を誇っています。

「大宮」の名前の由来は、氷川神社が「大いなる宮居」と呼ばれたことから大宮になったと言われています。

 

埼玉縣護國神社・・・国のために亡くなった埼玉県の英霊が祀られている神社

1934年に創建した埼玉県出身の戦死者5万柱が眠っています。

 

埼玉県立歴史と民俗の博物館・・・埼玉の歴史・民俗・美術を中心に展示する博物館

古墳・室町・江戸など現代へ至る時代の移り変わりを様々な展示で紹介しています。

 

さいたま市立博物館・・・さいたま市の歴史と文化をテーマに展示を行う博物館

入館無料で入れます。

 

大宮駅・・・14路線が乗り入れる東京と東北方面を結ぶターミナル駅

東北新幹線や京浜東北線を始めとするJR線・東武野田線・ニューシャトルの14路線の乗り入れは、路線規模として東京駅に次いで全国2位となっています。

 

鉄道博物館駅・・・鉄道博物館の最寄りとなっているニューシャトルの駅

改札を出ると目の前が鉄道博物館となっているのでアクセスが良いです。

 

鉄道博物館や大宮公園を中心に、ここに掲載していない写真などを360@旅行ナビ[大宮]にアップしました。

大宮へ行く予定のある方、参考にしてみて下さい。

東京「新宿」の観光ガイド

高層ビルが立ち並び、観光スポットも多く点在していて東京都の新宿をご紹介します。

 

新宿のガイドマップ

新宿は東京屈指の人気タウンで、駅から徒歩圏内に様々なスポットがあるため、その中から15カ所を順番に掲載します。

まず最初は、定番の観光スポットになっている東京都庁です。

 

東京都庁展望室・・・高さ243mの第一本庁舎にある入館無料の展望台

北展望室と南展望室の両方が一般開放されているので1階から専用エレベータに乗って気軽に景色を楽しむことのできます。

高さがあるので都内を一望でき、訪れたのが1月と言うこともあり、雪景色をした富士山が綺麗に見えました。夜になると宝石のように輝く夜景も人気になっています。

 

都議会議事堂・・・議員が集まり、都政に関して様々な議論や決定を行う建物

受付をするだけで誰でも手軽に建物の中に入って見学できます。全議員が出席する本会議場も傍聴席から見ることができ、テレビでお馴染みの光景で一番の見どころとなっています。

1階にある「TOKYO都庁議事堂レストラン」ではランチや居酒屋としても人気となっています。

 

新宿御苑・・・1906年に皇室の庭園として造られたお花で有名な公園

ドーム球場12個分の広さのあり、梅・桜・バラ・アジサイなど一年を通してお花が楽しめ、特に桜が有名で「日本さくら名所100選」に選ばれています。

大温室では熱帯植物を中心に2700種を栽培展示しています。

 

新宿中央公園・・・木々が植えられ、都会の憩いの場となっている公園

ドーム球場2個分の広さがあり、高層ビルに囲まれるように公園があるため、お昼になるとサラリーマンも訪れ、たくさんの人が利用しています。

 

十二社熊野神社・・・1400年頃に創建された西新宿の総鎮守となっている神社

境内の見どころとしては、1851年に建てられた十二社の碑、新宿区指定有形文化財の水鉢、お腹の部分の石を削っていない狛犬、御神輿などがあります。

 

花園神社・・・駅のすぐ近くにたたずむ新宿の街を守り続けてきた神社

江戸時代から新宿の守り神として親しまれてきた神社で、毎年11月に開催される酉の市「大酉祭」が有名で熊手を売る露店や見世物小屋が並び、60万人が訪れます。

 

ルミネtheよしもと・・・漫才やコントなどお笑いライブが毎日開催されている劇場

若手芸人からベテラン芸人までテレビでお馴染みの有名人も登場するお笑いが楽しめます。

 

サムライミュージアム・・・日本刀や甲冑を展示する侍をテーマにした歴史資料館

鎧兜や陣羽織を着て写真撮影ができたり、役者さんによる殺陣ショーも開催されています。

 

新宿ゴールデン街・・・小さな店舗が200軒以上集まっている人気の飲食街

サッカーコート2/3ほどの面積に200店舗以上の飲食店が集中し、狭い路地を挟んで居酒屋やバーが軒を連ね、観光スポットとしても人気になっています。

 

天然温泉「テルマー湯」・・・露天風呂や岩盤浴など充実した日帰り温泉施設

内風呂6種・露天風呂2種・サウナ2種を始め、岩盤浴・高濃度炭酸浴・エステ・マッサージ・レストラン・ラウンジなど充実したサービスが特徴になっています。

 

損保ジャパン日本興亜美術館・・・現代作家の特別展など様々な展覧会を開催している美術館

洋画家・東郷青児の作品を中心に収蔵していて、ゴッホ「ひまわり」、ゴーギャン「アリスカンの並木路、アルル」を常設展示していることでも有名になっています。

 

LOVEオブジェ・・・アメリカ美術家が製作した斬新なアート作品

現代美術家「ロバート・インディアナ」が制作したアート作品でインスタ映えすることもあり、人気の撮影スポットになっています。

 

観光案内所・・・新宿を中心に東京の観光情報を取り扱っている案内所

展望室のある東京都庁第一本庁舎の1階にあり、ガイドマップゆパンフレットなどもたくさん置かれていて、1カ所で東京全体の観光案内を行っています。

 

バスタ新宿・・・2016年にオープンした日本一の規模を誇るバスターミナル

周辺のバス停を集約して誕生した国内最大の巨大ターミナルで117社が一日1500便以上のバスを運行しています。

コンビニや観光案内所も建物内に併設しているので便利です。

 

新宿駅・・・一日350万人以上が利用し、ギネスブックに登録されている世界一のターミナル駅

JR線・京王電鉄・小田急電鉄・東京メトロ・都営地下鉄の5社が乗り入れています。

 

その他、詳しいガイドや写真を360@旅行ナビ[新宿]に掲載しました。

新宿へ遊びに行くことがある方は是非、参考にしてみて下さい。

大宮公園小動物園のカピバラ

今月、埼玉県の大宮公園小動物園へ行きましたので、その時、撮影した癒やし系の動物を紹介します。

 

大宮駅から1kmほど離れた大宮公園の中にある「大宮公園小動物園

 

小動物園と言っても、たくさんの動物が飼育されていて、しかも入園が無料

 

人気者のカピバラです。

この日は晴天でしたが、1月と言うことで寒く、朝からお風呂に入っていました。

 

お湯が気持ちよいのか、全く動くことなく、遠くを見つめている姿に、思わず笑いがでました。カピバラは眺めているだけで癒やされます。

 

大宮公園は、大変広く、遊具や遊歩道も整備されていて、ファミリーで訪れる人も多く、オススメの公園です。

晴れて暖かい日を選んで、「大宮公園小動物園」へ出かけてみてはいかがでしょうか。

恐竜で有名な福井県「勝山」の観光ガイド

恐竜の化石が数多く発掘されていることから、全国的に有名になっている福井県の「勝山

東尋坊や永平寺のある福井を代表する観光スポットになっています。

 

こちらは、勝山駅前に設置されている恐竜「フクイサウルス」のモニュメント。

1989年に勝山市北谷町で化石が発見され、その後、福井の名前が付けられ、一躍、有名になった「フクイサウルス

体長4.7m、白亜紀に生息していた草食恐竜です。

 

そんな勝山のおすすめ観光スポット10カ所を順番に紹介して行きたいと思います。

まず最初は年間90万人が訪れる定番の恐竜博物館。

 

福井県立恐竜博物館・・・1000点を超える貴重な展示を行う恐竜をテーマにした博物館

ティラノサウルスやブラキオサウルスの全身骨格を始め、復元模型・ジオラマ・標本を使って幅広い年代の恐竜を紹介しています。

中国とカナダを含めて、世界三大恐竜博物館の一つと言われるほど広い館内には様々な展示が行われ、大きな鳴き声を響かせる「動くティラノサウルス」は必見です。

あと、専用バスに乗って発掘現場まで行き、見学と発掘体験のできるの野外恐竜博物館も開催されています。

 

かつやま恐竜の森・・・広場や遊具などが整備されている恐竜をテーマにした自然公園

子どもたちが楽しく遊べるように、遊具や芝生広場が充実していて、公園の一番奥は遊歩道が整備された「昆虫の森」になっています。

また、観光施設「どきどき恐竜発掘ランド」では、手軽に恐竜の化石の発掘体験ができます。

 

かつやまディノパーク・・・実物大の恐竜を見ることのできる野外テーマパーク

体長13mのティラノサウルスを始め、40体の恐竜が森の中にいるため、映画「ジュラシックパーク」のような雰囲気が楽しめます。

 

平泉寺白山神社・・・717年に創建され、白山信仰の重要拠点だった神社

かつて、白山信仰の拠点寺院として6000もの僧坊が築かれ、中世の巨大都市とも言える「白山平泉寺」のあった場所。

苔の美しい「かおり風景100選」、趣のある参道の「日本の道百選」を始め、4つの日本百選に選ばれていてます。

 

勝山城博物館・・・高さ57m、天守閣としては日本一の高さを誇る歴史博物館

1992年に開館、鉄筋コンクリート造で再現した模擬天守が特徴で、館内は江戸時代の刀剣や甲冑などを展示し、白山平泉寺の歴史を紹介しています。

 

はたや記念館「ゆめおーれ勝山」・・・1998年まで操業していた絹織物工場の建物を利用した織物の歴史資料館

糸繰り機・整経機・糊付け機など実際に使われていた機械が展示され、繊維産業で発展した歴史や織物の仕組みを紹介しています。

スイーツカフェが併設されていて、好きな色でオリジナルコースターが作れる手織り体験も人気となっています。

 

白山平泉寺歴史探遊館・・・白山平泉寺の歴史や文化を紹介する歴史ミュージアム

開山1300年を迎えた国史跡「白山平泉寺」を写真や映像を使用して分かりやすく解説しています。

平泉寺白山神社の参拝前に立ち寄ることをオススメします。

 

勝山温泉センター「水芭蕉」・・・美肌効果のある温泉が湧き出る日帰り温泉施設

肌ツルツルの天然温泉を手軽に楽しむことができ、館内の食事処で福井名物のソースカツ丼をいただくことができます。

 

越前そば処「勝食」・・・大正時代に創業し、勝山の有名店となっている蕎麦処

福井県産蕎麦を石臼で挽くため、香りが良く、打ちたて茹でたてのそばをいただくことができます。

また、福井名物の「ソースカツ丼」と「おろしそば」の両方がメニューにあるため、一番人気の「かつ丼セット(ソース)」を注文すると両方を味わうことができることも人気になっています。

 

勝山駅・・・勝山の最寄りとなっている、えちぜん鉄道勝山永平寺線の駅

1914年に建てられた駅舎は重厚でレトロ感も漂う建物で、国の重要文化財に指定されています。

レンタサイクルも完備していて、駅前から恐竜博物館へ行くバスも出ています。

 

恐竜ブームにも乗って、注目度も上がった「勝山」。一日、たっぷりと遊べる観光スポットが色々と集まっています。

詳しいことは観光案内は、360@旅行ナビ[勝山]に掲載しました。是非、出かけるときは参考にしてみて下さい。