新幹線からの富士山

昨日、東京行きの新幹線から見た富士山です。

冬は視界が良く、眺められることが多く、新幹線に乗るときは左側席と決めています。

そのため、静岡に入ると寝ることもしないで景色を眺めています。

 

山頂には雲がなく、雪化粧が綺麗。

雪が積もっていないところもあり、今年は雪が少ないのかも・・・。

世界遺産の富士山を写真で紹介

本日、7月1日、富士山の山開きでした。
世界文化遺産に登録され、テレビを見ているとその注目度が分かりますね。

富士山には、今まで、4回、登りました。
富士山周辺で、観光したり、写真を撮ったことは、何十回もあり、何度、行っても、ワクワクできるのが、富士山の魅力です。

ニュースで言っていたが、毎年、富士山登山で30万人も登るようですね。
スゴイ!と思うけど、今年の予想は45万人だそうです。
準備大丈夫なのか心配。

山頂のトイレは、7月6日からしか使えないこととか、登山者の人は知っているのかな?
世界遺産に登録されたのだから、今年のトイレは山開きまでに間に合わすことは出来なかったのだろうか?
登山のことは、別の機会に紹介したいと思います。

それでは、今までに撮った富士山の写真を少し掲載します。

山中湖から眺める富士山

山中湖から眺める富士山。季節は6月上旬。

日本名水百選の忍野八海から見る富士山

日本名水百選の忍野八海から見る富士山。

吉田口登山道の五合目

登山口となっている吉田口登山道の五合目。標高2300m。

恋人岬から見える富士山

伊豆半島の恋人岬から見える富士山。目の前の海は駿河湾。

江ノ島から眺める富士山

神奈川県の江ノ島から眺める富士山の雪景色。

東京タワーの展望台から見ることのできる富士山

東京タワーの展望台からの富士山。距離にして100km。

横浜のランドマークタワー展望台から見た富士山

横浜のランドマークタワー展望台から見た富士山。

富士山と夜景

横浜の大さん橋から見える富士山と夜景。富士山の下は、赤レンガ倉庫。

富士山の登山ガイドとしては、こちら吉田口登山道で紹介しています。
富士宮口登山道も近日、ホームページにアップする予定にしています。

富士山登山・山頂からの景色

富士山に登りました。

富士山の全景 富士山の地図
何度、登っても楽しい富士登山
今回は、二人で、のんびりと日帰り登山しました。

富士五合目の駐車場 おにぎりせんべい
9月の平日でも、予想以上に車は多く、200台くらいあったと思います。
ちなみに、標高は2380mあるので朝の気温は6度でした。
おやつの、おにぎりせんべいは既にパンパン!!

富士山の五合目 富士山の登山道
朝6時過ぎ、5合目から登山スタート。
天気に恵まれ、山頂まで望める景色でした。

富士山の山頂 富士山の三角点
超快晴だったので、写真を撮りながら、話をしながら、ほのぼのとした気分で4時間30分後、無事に山頂にたどり着きました。
山頂に着くと、最初に三角点にタッチ!
シーズンが過ぎているので、山頂スペースは渋滞することもなく、ゆっくりと写真とれました。

富士山頂の展望台 富士山頂からの景色
残念だったのは、観測所の横にあった展望台が立入禁止になっていました。
最悪です。
北西方向の絶景が見れません。
そのため、眺められるのは、右の写真のように八ヶ岳周辺だけ。

富士山頂からの景色、中央アルプス、北アルプス、御岳
結局、山頂から100mほど北へ下って、そこから景色を見ました。
写真の右の湖は本栖湖です。
南アルプスが一望でき、その奥に中央アルプス、北アルプス、御岳など名峰が見れました。
雲に隠れることもなく、絶景でした。
笠ヶ岳あたりも見えていたので視界は150km以上だったと思います。

富士山の火口
こちらは山頂の火口
何度見ても大きく、荒々しい光景です。
一緒に行った友人は、富士山の山頂は平だと思いこんでいたようで、初めて見る火口に驚いていました。
写真では大きさがなかなか伝わりませんが、火口の直径は780mもあり、東京ドームが10個も入るほどの大きさです。
ここまで登ることは大変ですが、一見の価値があるスケール感です。

富士山の氷り
山頂の大きな水溜まり。
カチカチに氷っていました。

今まで富士山は何度か登りましたが、昨日はガスがかかることもなく、一日中、晴天だったことがラッキーでした。

晴れた日の富士登山は最高です!!

焼津のマグロ

昨日に引き続き、焼津のマグロです。

焼津のマグロ
お土産屋の市場へ行って見ると、普通にマグロが売られていました。
一見、カツオに見えましたが、サイズは小さくとも、近海マグロ。
切り身以外、見ることがないので、不思議な光景。

お茶漬けマグロ マグロのおへそ
こんなマグロの商品もありました。
お茶漬けマグロ。
マグロのおへそ。

黒はんぺん
あと、焼津名物の「黒はんぺん」もありました。
はんぺんと言えば白いのですが、ここ焼津はサバやイワシを原料に使ったもの。
そのため、少し色が付いているのが特徴。
その歴史は古く、300年も前から作られ続けているそうです。