白川郷の和田家

世界遺産に登録されている岐阜県の白川郷

白川郷 白川郷の地図
合掌造りの家が今も残る白川郷。
その中でも、国の重要文化財に指定されている和田家はオススメです。
3階建構造の合掌造りで、屋根裏や座敷などを見て回ることができます。

合掌造り

白川郷の和田家

白川郷のコスモス
そして、和田家の前にはコスモスが咲いていて綺麗でした。
訪れたのが、夏休みのお盆だったので、今もコスモスは見られると思います。

昭和のなつかしい館

岐阜県の飛騨高山で見かけた面白い建物。

昭和のなつかしい館 飛騨高山の地図
建物の看板には、「昭和のなつかしい館」と書かれていました。
手持ちの観光ガイドには、何も掲載されてなかったので、よく分からないまま、中に入る。

昭和の博物館
レトロ・・・。
昭和の時代を再現しているミニ博物館でした。

入館無料で、管理人がいるわけでもなく、オープンで開放的。

雑誌 レトロ

飛騨高山へ行く場合、是非、立ち寄ってみて下さい。
場所は、こちら360@旅行ナビ[飛騨高山]昭和のなつかしい館に掲載しています。

岐阜の大仏

岐阜県の金華山の麓にある正法寺。

正法時 地図
日本のお寺とは思えない変わった建物。
しかも、大きい。

ここ正法寺が有名なのは、岐阜の大仏さんがあるため。

岐阜の大仏

高さ13m、乾漆大仏としては日本一。
木と竹を使って、竹カゴのように骨組みを造り、そこに粘土や和紙を貼り合わせ、金箔も貼られている大仏。
奈良の大仏、鎌倉の大仏に続き、日本三大大仏の一つに数えられる事もあります。

岐阜城からの景色

昨日、掲載した岐阜城
織田信長が天下統一の足がかりを作ったお城。

岐阜城 岐阜城の景色
山の上に立っているため、最上階から見る景色はとても綺麗です。
しかも、360度のパノラマ。
この日は、晴れだけではなく、視界も良く、東方向に名山も見えました。

乗鞍岳と御嶽山
こちらが、拡大した写真。
写真左の雪景色が乗鞍岳、右が御嶽山。
ともに、標高3000mオーバーの日本百名山。
距離は、乗鞍岳80kmと御嶽山100kmと、離れていますが、見れないだろうと思っていて、眺めることができたので感動でした。
どちらも頂上まで登ったことのある山だけに印象的な景色でした。

金華山

岐阜駅から3kmほどの所にある「金華山」と言う山があります。
この山頂には、昔、重要な建物があった場所。

岐阜城 金華山の地図
織田信長が天下統一の足がかりを作ることになった岐阜城のあった場所。
現在のお城は、50年前に再建したもの。
お城の中は、博物館+展望台になっています。

金華山
こちらが金華山の全体像。
標高329mの小高い山。
見えづらいですが、写真中央の一番高いところに岐阜城が立っています。
気になる山頂までは、ロープウェイに乗ると、6分で上れる手軽さ。

金華山の展望台
そして、山頂から見た景色。
綺麗でした。
岐阜市内も長良川も、ハッキリ見渡せ、夜景も綺麗だと思います。

その他、詳しい案内は360@旅行ナビ[金華山]に掲載しています。

展望台・・・展望レストランの屋上にある見晴らしの良い展望台。
岐阜公園・・・桜や紅葉、イベント等も開かれる金華山の麓に広がる公園。
ロープウェー・・・全長600m、金華山の山頂を結ぶロープウェイ。
岐阜城・・・織田信長が天下統一の足がかりを作ることとなった城。
リス村・・・1965年にオープンした全国で初めての「リス村」
岐阜大仏・・・漆・金箔で仕上げた高さ13m、日本最大の乾漆大仏。
岐阜市歴史博物館・・・岐阜市の歴史を中心に、長良川の鵜飼いについても展示。
名和昆虫博物館・・・1919年に開館、世界中のカブトムシ等、昆虫専門の博物館。
鵜飼い・・・チャップリンも観覧した、1300年の歴史があるアユ漁。
川原町の街並み・・・通称「川原町」と呼ばれる、懐かしい昔の街並み。
加藤栄三・東一記念美術館・・・岐阜市出身の加藤栄三、東一の兄弟画家の作品。