六角堂が津波被害 (東日本大震災)

東日本大震災の津波によって、茨城県にあった六角堂が消失しました。

赤いお堂 六角堂の地図
六角堂は、北茨城市の五浦海岸に立てられた小さな建物で、目の前に海が広がっています。
この建物は、日本近代美術の先駆となった「岡倉天心」が今から100年以上前にたてた貴重な建造物でした。
天心は、この六角堂に入り、思索にふけていたそうです。

昔、茨城へ行った時に、撮った写真が何枚かあったので、掲載します。
再建されることを希望したいと思います。

六角堂

五浦海岸

六角堂と地震

六角堂と津波

深海の圧力

茨城県の大洗水族館へ行った時、こんな展示がありました。

カップヌードル
カップヌードルの容器。
一番左が普通サイズ。
この容器を、深海へ沈めた場合、水圧によって変形する様子を表しています。

左から、原寸大・水深100m・200m・500m・1000m・2000m・・・一番右が水深6500m。
厚さ3mmほどのスチロールが薄くなるだけで、見た目は変わらないのかと思いましたが、実際には、水深6500mで、1/4ほどに縮んでいますね。

大洗の遊覧船

茨城県の大洗にある遊覧船に撮った時の写真です。
かなり期待してました。

大洗 大洗の地図
こちらが、遊覧船の「ダイビングパイレーツ号」。
格好いい名前の船です。

大洗の遊覧船
実は、「ダイビングパイレーツ号」は、船内がガラス張りの水族館になっています。
ガラス窓から海底や魚が見れるグラスボート。
半分、潜水艦のイメージです。

がぁ~、この日は、水中の視界ゼロ。
全く、何も見えませんでした。
こんなに残念な気持ちも・・・久しぶり。

マリンタワー
船の上から見た大洗マリンタワーが、せめてもの展望。
やはり、透明度の高い綺麗な海中を見るのは、かなり難しいみたいですね。
そんなこともあり、残念!!!

黒鳥の親子

茨城県の水戸へ行った時に撮った写真です。
場所は、偕楽園の近くにある千波湖

黒鳥
黒鳥の親子。
白鳥がいる湖や池は多くありますが、千波湖には黒鳥がいました。

よく見ると、親は黒いですが、子供は白色。
大きくなるにつれて、黒い羽に変わっていくのだと思います。

そして、深夜、湖を訪れてみると、偶然、黒鳥の親子を見かけました。

親子
水面に、4羽の黒鳥が見えます。
23時だというのに、普通に、スイスイと泳いでいます。
いつ寝ているのだろうか・・・・ふっと思ってしまいました。