二荒山神社中宮祠

栃木県の中禅寺湖にある二荒山神社中宮祠の紹介です。

二荒山神社中宮祠 二荒山神社の地図
784年、男体山登拝所として創建された神社。
日光の本社と男体山頂上の奥宮との中間にあることから、二荒山神社中宮祠と言われています。

二荒山神社中宮祠の建物
本殿・拝殿・中門・鳥居などは、国の重要文化財に指定されています。

二荒山神社中宮祠と男体山
目の前には、中禅寺湖が広がり、社殿の後には男体山がドンとそびえ立っています。
男体山の登山口となっているため、登山者も多いところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。